PR

ニュース 政治

独フリゲート艦と自衛隊の共同訓練を調整 日独が初の2プラス2

テレビ会議方式でドイツとの外務・防衛閣僚会合に臨む茂木外相(左奥)と岸防衛相=13日午後、外務省
テレビ会議方式でドイツとの外務・防衛閣僚会合に臨む茂木外相(左奥)と岸防衛相=13日午後、外務省

 日本、ドイツ両政府は13日、両国間で初めてとなる外務・防衛閣僚会合(2プラス2)をテレビ会議形式で行った。両政府は「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて連携していくことを確認し、ドイツ政府がインド太平洋地域に派遣予定のフリゲート艦と自衛隊による共同訓練の実施に向けて、調整していくことで一致した。

 両政府は中国を念頭に、力による一方的な現状変更の試みに深刻な懸念を共有し、法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序を維持・強化していく重要性を確認した。日本側は中国が2月に施行した海警法を取り上げ、東シナ海、南シナ海での中国の動向に深刻な懸念を示した。

 ドイツ政府は昨年9月に「インド太平洋ガイドライン」を策定しており、日本側はドイツのインド太平洋地域への関与強化を歓迎した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ