PR

ニュース 政治

菅首相、2030年度温室効果ガス削減目標「できるだけ早く打ち出す」

政府与党連絡会議で発言する菅義偉首相(手前)=13日午後、首相官邸(春名中撮影)
政府与党連絡会議で発言する菅義偉首相(手前)=13日午後、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉首相は13日の政府与党連絡会議で、2030年度の温室効果ガス排出量の国別削減目標(NDC)の決定を急ぐ考えを表明した。「2050年カーボンニュートラル(温室効果ガスの排出実質ゼロ)と整合的かつ意欲的な目標を、できるだけ早く打ち出し、国際社会の議論をリードしていく必要がある」と強調した。

 バイデン米大統領が主催してオンライン形式で開催する22~23日の気候変動サミットにも表明するとみられる。首相は気候変動サミットや6月の先進7カ国首脳会議(G7サミット)を挙げ「主要国がNDCを発表すると見込まれている。検討を早急に進めていく」と語った。

 また、首相は米ワシントンで現地時間16日に行うバイデン氏との首脳会談について「日米同盟のさらなる強化につなげていく上で極めて意義深い訪問だ。新型コロナウイルス、気候変動、中国をめぐる諸課題、北朝鮮による核・ミサイル、何より重要な拉致問題といった課題について連携と協力を確認したい」と述べた。

 会議後、自民党の野田聖子幹事長代行が記者団に明らかにした。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ