PR

ニュース 政治

処理水海洋放出で茂木外相「国際社会の理解醸成に努める」

茂木敏充外務相=5日午前、参院第1委員会室(春名中撮影)
茂木敏充外務相=5日午前、参院第1委員会室(春名中撮影)

 茂木敏充外相は13日の記者会見で、政府が東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を決めたことについて「国際社会の理解醸成に努め、風評被害対策にも全力で取り組んでいきたい」と述べた。

 処理水の海洋放出をめぐっては、中国や韓国など周辺国が懸念を示している。茂木氏は会見で「中国、韓国を含む国際社会に対して高い透明性をもって積極的に情報提供を行ってきた」と強調。「米国から非常に高い評価も出されている」と指摘した。

 その上で「処理水の処分に当たっては国際法や国内外の規制ルールを確実に遵守し、安全性を確保していく」と説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ