PR

ニュース 政治

海洋放出「避けて通れない課題」と菅首相 風評被害対策に全力

廃炉・汚染水・処理水対策関係閣僚等会議で発言する菅義偉首相=13日午前、首相官邸(春名中撮影)
廃炉・汚染水・処理水対策関係閣僚等会議で発言する菅義偉首相=13日午前、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相は13日、東京電力福島第1原発で増え続ける放射性物質トリチウムを含んだ処理水の海洋放出を決めたことについて「福島第1原発の廃炉を進め、福島の復興を成し遂げるためには避けて通れない課題だ」と述べ、風評被害対策などに全力を挙げる考えを示した。官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は処理水について「トリチウムの濃度を国内の規制基準の40分の1以下にし、安全性を確実に確保したうえで実施する」と安全性を強調。「風評被害により地元の皆さまの復興への希望が失われることがあってはならない。科学的な根拠に基づく情報発信を含め、政府一体となって全力を尽くす」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ