PR

ニュース 政治

福岡知事選で服部氏が初当選 投票率は過去最低

福岡県知事選で当選確実となり、花束を掲げる服部誠太郎氏=11日、福岡市博多区
福岡県知事選で当選確実となり、花束を掲げる服部誠太郎氏=11日、福岡市博多区

 小川洋前知事の辞職に伴う福岡県知事選は11日、投開票され、元同県副知事の無所属新人、服部誠太郎氏(66)=自民、立憲民主、公明、社民推薦=が、元福岡市議の無所属新人、星野美恵子氏(70)=共産支持=との一騎打ちを制し、初当選を飾った。服部氏は当選から一夜明けた12日、「県民の思いに応え、しっかりと必要な施策を確実、迅速に進めていきたい」と述べ、決意を新たにした。

 投票率は29・61%で、これまで最も低かった平成27年(38・85%)を9・24ポイント下回り、過去最低を更新した。服部氏に共産以外の与野党が相乗りした構図や、新型コロナウイルス下で両陣営とも運動を制限せざるを得なかったことなどにより選挙戦は盛り上がらなかった。

 服部氏は県議会主要4会派が推し、政党による組織戦で終始、選挙戦を優位に進めた。県農政連や連合福岡なども支援したほか、企業、団体回りを精力的にこなし、幅広い支持層に浸透を図った。

 県政の継承を前面に、新型コロナ対策を最優先に挙げる一方、輸出拡大や企業誘致など「ポストコロナ」を見据えた県全体の振興策も訴えた。

 福岡県では10年ぶりのトップ交代で、県職員出身の知事就任は初めてとなる。

 服部氏は、福岡市博多区の選挙事務所で報道陣の取材に応じ、「新年度予算の中には、すぐにスタートを切らなければいけない事業がある。就任後ただちに点検し、着実に執行していきたい」と抱負を語った。

 星野氏は、市民グループや共産の支援を受けて県政の転換を掲げ、新型コロナ対策の強化やジェンダー平等などを訴えたが支持に広がりを欠いた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ