PR

ニュース 政治

栃木・真岡市長選、現新対決へ 佐々木市議が出馬表明

真岡市長選に出馬する同市議の佐々木重信氏
真岡市長選に出馬する同市議の佐々木重信氏

 任期満了に伴う栃木県真岡市長選(18日告示、25日投開票)に、同市議の佐々木重信氏(81)が無所属で立候補する考えを9日、表明した。無所属現職で再選を目指す石坂真一氏(65)=自民、公明推薦=との一騎打ちとなる公算が大きくなった。選挙戦になれば、同市長選としては12年ぶり。

 佐々木氏は記者会見で、市議会のチェック機能が欠けていると指摘。市立図書館移転など巨費を伴う市役所周辺の整備事業に異論を唱える。これまでは「若い人を市長に」と候補者擁立を模索していたが、出馬を決意する人材がいなかったため自ら立つことに決めたと説明。公約として、市民1人5万円の「コロナ対策給付金」交付や旧二宮町域のインフラ整備などを挙げた。

 佐々木氏は幼稚園、保育園、老人ホームを経営。同市議に4回、県議に3回当選した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ