PR

ニュース 政治

首相、GW中「不要不急の移動控えて」 緊急事態宣言回避したい意向

3都府県への蔓延防止等重点措置の適用決定を受け記者団の取材に応じる菅義偉首相=9日午後、首相官邸(春名中撮影)
3都府県への蔓延防止等重点措置の適用決定を受け記者団の取材に応じる菅義偉首相=9日午後、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相は9日、官邸で記者団に「緊急宣言に至らないように今回、罰則の適用もできる蔓延(まんえん)防止等重点措置を(3都府県に)講じた」と述べ、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う3度目の緊急事態宣言発令を回避したい考えを強調した。

 首相はまた、4月末から始まる大型連休について「蔓延防止措置を行った場所については(期間に)連休が入っている。不要不急の移動は極力避けていただきたい」と呼びかけた。神奈川、千葉、埼玉の3県は、それぞれの知事と相談した上で重点措置の適用を見送ったとも説明した。

 一方、今月12日から始まる高齢者向けのワクチン接種に関しては「いよいよ始まる。ワクチンは非常に大きな効果があるので、一日も早く多くの皆さまが接種できるように取り組んでいきたい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ