PR

ニュース 政治

菅首相、対象地域追加に積極姿勢 蔓延防止措置

3都府県への蔓延防止等重点措置の適用決定を受け記者団の取材に応じる菅義偉首相=9日午後、首相官邸(春名中撮影)
3都府県への蔓延防止等重点措置の適用決定を受け記者団の取材に応じる菅義偉首相=9日午後、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相は9日の新型コロナウイルス対策本部で、飲食店の営業時間短縮などに強制力を持たせる「蔓延(まんえん)防止等重点措置」の適用対象として東京都、京都府、沖縄県の追加を決めたことに関連し、「今後も各地で発生する波を全国規模の大きな波にしないため、地域を絞った重点措置を機動的、集中的に講じて感染を押さえ込んでいく」と述べ、対象地域の追加に積極的な姿勢を示した。

 3都府県の追加については「新規感染者数が増加していることや、医療提供体制の逼迫が懸念されることなどを踏まえて決定した」と説明した。「全ての飲食店への見回り、高齢者施設の定期検査、医療体制の確保などの対策について、国と自治体が連携し、しっかりと行っていく」とも述べた。

 首相はまた、感染力が強い変異株について「大阪、兵庫では感染者の7割前後を占め、東京では約2割まで高まっている。最大限の警戒を続けていく」と危機感を表明した。飲食店を中心とする対策に加え、不要不急の都道府県間の移動は控えるよう呼び掛けた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ