PR

ニュース 政治

自民・塩谷氏、学術会議の改革案批判「居場所確保しようとする考え」

日本学術会議の事務局が入る建物(奥)と看板=東京都港区(鴨川一也撮影)
日本学術会議の事務局が入る建物(奥)と看板=東京都港区(鴨川一也撮影)

 自民党で日本学術会議の在り方を検討しているプロジェクトチーム(PT)は9日の役員会で、学術会議による組織改革の報告書案をめぐり意見交換した。組織形態について報告書案が、現行の国の機関から「変更する積極的な理由を見いだすことは困難だ」としたことについて、PT座長の塩谷立元文部科学相は記者団に「何をやるべきかということを認識せず、自分たちの居場所だけを確保しようという考え方ではないか」と批判した。

 PTは昨年12月、学術会議を独立した法人格を持つ組織とすることなどを柱とする提言をまとめ、政府に伝えた。塩谷氏は「提言を全く無視したような結果が出ている」と述べた。大塚拓事務局長も「現行の組織形態で国民が期待するパフォーマンスが出せていない。変更する理由が見当たらないと書きつつ、エビデンス(根拠)を示していない。極めて根拠薄弱で、現状認識、自己認識、問題認識が全くできていない」と語った。

 役員会には、学術会議と政府の関係者が説明者として出席した。議員からは「開いた口がふさがらない」「このまま受け止められない」といった批判的な意見が噴出した。PTは引き続き、政府に対し基本方針の決定や具体的な制度設計を働きかける方針だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ