PR

ニュース 政治

シベリア抑留死の日本人、新たに23人特定

 厚生労働省は9日、第二次大戦後に旧ソ連に抑留され、シベリア地域で死亡した日本人計23人を特定し、都道府県別の出身地とともにホームページで公表した。これで抑留死亡者の特定はシベリア地域(モンゴル地域を含む)で4万586人となった。公表された23人は次の通り(漢字の字体は厚労省発表に基づく。敬称略)。

 【北海道】高杉千代太郎、谷藤直、中村登

 【岩手県】吉内仁平、坂下隆男

 【秋田県】佐藤喜一郎、千田清一郎

 【山形県】安部幸助、木村岩雄、小浅忠助

 【栃木県】田村茂

 【茨城県】飛田弘太郎

 【東京都】芝井久四

 【長野県】町田正實

 【山梨県】蔦木武

 【大阪府】田渕吉一

 【奈良県】奥野久雄

 【岡山県】多田妙一

 【広島県】山本岩人

 【愛媛県】加藤市次

 【大分県】足立功

 【宮崎県】吉田(伊福)茂男

 【鹿児島県】和田利冬

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ