PR

ニュース 政治

連合、立・国と結束確認 衆参3選挙に向け

 連合の神津里季生会長は9日、立憲民主党の枝野幸男、国民民主党の玉木雄一郎両代表と東京都内で会談し、25日投開票の衆参両院3選挙に結束して臨む方針を確認した。参院長野選挙区補欠選挙で、立民新人が共産党などの県組織と結んだ政策協定が国民や連合傘下の民間産業別労働組合(産別)の一部から問題視され、告示直前まで混乱が続いた事態を踏まえた。

 会談で枝野氏は、長野補選で混乱を招いたと陳謝。3選挙への協力を要請し、神津、玉木両氏が前向きに応じた。神津氏は記者団に「3選挙の勝利を土台に、働く者本位の政治を進めてほしい」と強調した。

 会談は連合側の提案。連合の相原康伸事務局長と立民の福山哲郎、国民の榛葉賀津也両幹事長が同席した。連合は次期衆院選に向けて会談を定例化したい考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ