PR

ニュース 政治

空自スクランブル725回 2年度、最多の中国が減少

防衛省
防衛省

 防衛省は9日、領空侵犯のおそれがある外国機に対し、航空自衛隊の戦闘機が昨年度に緊急発進(スクランブル)した回数が725回だったと発表した。前年度と比べて222回減っており、中国機に対するスクランブルが217回減少した影響が大きい。

 もっとも、国別でみれば、中国機に対するスクランブルは458回と最多で、次いで多いロシア機の258回を大きく引き離した。昨年12月には、中国軍の爆撃機4機とロシア軍の爆撃機2機が日本海から東シナ海を経て太平洋に至る共同飛行を実施するなど、特異な事例も確認されている。

 防衛省によると、中国機の飛び方には変化がみられ、日本の領空に向かってくるような飛行は減少しているという。ただ、スクランブル対象外の空域での活動は変わらず活発で、警戒を続けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ