PR

ニュース 政治

コロナ宿泊施設に投票所を 総務省、都道府県へ通知

総務省=東京都千代田区
総務省=東京都千代田区

 総務省は8日の参院2選挙告示を踏まえ、新型コロナウイルス感染者の投票機会を確保するため、感染者が療養する宿泊施設に期日前投票所や不在者投票記載場所の設置を推奨する通知を都道府県選管に出した。通知は7日付。清潔なゾーンとそうでないゾーンを設けるなど留意事項を列挙。一部自治体は設置を決めたが、今後の国政選や地方選で全国に広がるかどうかは見通せない。

 通知は、宿泊施設に期日前投票所を設置する際の注意点として、投票時のマスク、手袋の着用、机の消毒などを明記。居室から出られない感染者向けに、居室前での投票や、間隔を取るため屋外に投票記載台を設ける例を示し「積極的に検討いただくようお願いします」と求めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ