PR

ニュース 政治

兵庫県知事選、自民国会議員団は元大阪府課長を推薦候補に 県連と対応分かれる

 自民党の兵庫県選出国会議員団は7日夜、7月の県知事選の対応について国会内で協議し、前大阪府財政課長の斎藤元彦氏を推薦候補にすることを決めた。県連は同日、同県副知事の金沢和夫氏を推薦候補に選んでおり、国会議員団と県連で対応が分かれた。近く党本部に双方の決定を報告し、判断を委ねる。

 県連会長を務める谷公一衆院議員は会合後、記者団に「国会議員団の総意としては、斎藤氏がより大きな支持を得られる候補者として望ましいということで党本部に出す」と説明。県連と異なる結論になったことに対しては「心が痛む。最終的に党本部が決めることだが、推薦候補が決まれば一つになって頑張らなければならない」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ