PR

ニュース 政治

野党会派に初の女性会長 静岡県議会 最大会派自民も役員内定

 自民党静岡県連は5日、今年度の県連3役と県議会の正副議長候補を内定した。

 静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」代表を兼ねる県連幹事長に野崎正蔵氏=磐田市、3期=を選出。総務会長には佐地茂人氏=静岡市駿河区、3期=を、政務調査会長には木内満氏=富士宮市、2期=を選んだ。次期県連大会(期日未定)で正式決定する。

 議長候補には宮沢正美氏=三島市、4期=を、副議長候補には竹内良訓氏=浜松市中区、4期=を選んだ。5月20日の臨時県議会で正式決定される。

 また、立憲民主党、国民民主党、無所属の県議で構成する第2会派「ふじのくに県民クラブ」は5日の議員総会で、佐野愛子氏=藤枝市、5期=の会長就任を承認した。県議会事務局によると、過去に女性が会派の代表に就いた記録は残っていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ