PR

ニュース 政治

現職ら4人立候補 栃木県佐野市長選、市議選告示

 任期満了に伴う栃木県佐野市長選と同市議選(定数24)が4日、告示された。市長選には現職と新人3人の計4人が立候補、12年ぶりの選挙戦に入った。いずれも投開票は11日。

 立候補したのは届け出順にいずれも無所属で新人の行政書士、高際弘幸氏(64)と新人で元同市議の井川克彦氏(64)、現職の岡部正英氏(82)、新人で元県議の金子裕氏(58)。全国最高齢市長で5選を目指す岡部市政の継続か、刷新かが焦点となる。

 高際氏は同市赤坂町の事務所前での出陣式で、「今回の市長選は現状維持か変革かの戦い。今佐野を変えなければ未来はない」と強調。市長の報酬3割カットや退職金廃止などの公約をアピールし、選挙カーに乗り込んだ。

 井川氏の出陣式は同市堀米町の選挙事務所で行われた。「市民が新しい佐野市をつくるときが来た。一流企業の誘致で財政基盤をつくる一方、クリケットなどの無駄遣いをやめる。市長が変われば市も変わる」と訴えた。

 岡部氏は、同市堀米町の事務所前で出陣式を行い、「これまで4期16年の市長職で培った経験、実績、人脈がある。台風19号被害からの復興、新型コロナウイルス対策に全力を尽くし、佐野市を守り抜く」と呼び掛けた。

 金子氏は同市栄町の工場跡地で、市議と県議を合わせて30年を超える政治経験をアピールしつつ「地域が希望を持って安心を享受できる環境をつくっていきたい。佐野を変えていかなくてはならない」と決意表明した。

 一方、市議選には現職18人、新人7人の計25人が立候補。政党別では自民、公明が各3人、共産2人、立憲民主1人、無所属16人。

 いずれも投票は11日に市内75カ所で行われ、市民体育館(同市赤見町)で即日開票される。3日現在の選挙人名簿登録者数は9万8390人。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ