PR

ニュース 政治

首相の青ネクタイ「拉致の思い発信」

「令和」が書かれた墨書を掲げる菅義偉官房長官=平成31年4月1日、首相官邸(古厩正樹撮影)
「令和」が書かれた墨書を掲げる菅義偉官房長官=平成31年4月1日、首相官邸(古厩正樹撮影)

 菅義偉首相は4日のフジテレビ番組で、北朝鮮による日本人拉致問題をめぐり、官房長官時代に新元号「令和」を発表した際に青色系のネクタイを着用したことについて「拉致の思いを発信したかった」と理由を明かした。青は拉致被害者救出運動の象徴の色となっており、首相は発表時に「ブルーリボン」のバッジも着用した。

 首相は新元号を発表した平成31年4月1日の朝に「令和を発表するときは、ある意味で多くの皆さんに注目されるので、どうしようかと考えた」と当時を振り返った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ