PR

ニュース 政治

兵庫県知事選、明石市長の擁立検討 旧民主系議員ら

泉房穂氏
泉房穂氏

 次の兵庫県知事選(7月18日投開票)の候補者として、立憲民主党と国民民主党所属の元国会議員や県議らが、同県明石市の泉房穂市長(57)の擁立を検討していることが4日、分かった。泉氏を推す議員らは近く泉氏に立候補を要請する方針。

 同知事選には元副知事の金沢和夫氏(64)と元大阪府財政課長の斎藤元彦氏(43)が無所属で立候補する意向を表明。県議会最大会派の自民党県議団は金沢氏の擁立をめぐって分裂し、斎藤氏を推す一部議員が新会派を設立、保守分裂選挙となることが確実となっている。また、日本維新の会は斎藤氏を推薦する方針を示している。

 一方、立民県連副代表で元衆院議員の井坂信彦氏は取材に対し、泉氏について「新型コロナウイルス対応や福祉分野で独自の政策を実行してきたリーダー。今は決断力と実行力のある知事が必要だ」と話した。

 泉氏は明石市出身。弁護士、旧民主党の衆院議員を経て、平成23年の統一地方選で市長に初当選。市幹部に暴言を浴びせたとして31年2月に辞職、出直し選で当選した。

 知事選には元加西市長の中川暢三氏(65)も立候補を表明している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ