PR

ニュース 政治

自民系4氏の激戦か 栃木・佐野市長選4日告示

 任期満了に伴う栃木県佐野市長選と同市議選(定数24)が4日告示される。市長選はいずれも無所属で、5選を目指す岡部正英氏(82)と元県議の金子裕氏(58)、市議の井川克彦氏(64)、行政書士の高際弘幸氏(64)の新人3氏が出馬を表明。自民系4氏による12年ぶりの選挙戦が確実な情勢になっている。投開票はいずれも11日。

 全国最高齢市長の岡部氏は一昨年の台風19号被害や新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ「経験、人脈を生かし、佐野市を守り抜く」と続投に意欲。2度目の挑戦となる金子氏は2年前の県議選でトップ当選。その勢いを追い風に「20~30年後の佐野市に責任を持つ」と世代交代を訴える。

 井川氏は市議4期で市議会議長などを務め、これまでは岡部氏を支援してきたが、「市政の硬直化が目に余る。佐野市に新風を」と市政刷新を訴える。高際氏は防衛省に34年間勤務後、「祖国愛を地元愛に」と出馬を決意。「5期20年は長すぎる」と多選の弊害を厳しく指摘する。

 一方、市議選には現職18人と新人7人の計25人が立候補を予定している。選挙人名簿登録者数(3月1日現在)は9万8470人。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ