PR

ニュース 政治

日米首脳会談16日に コロナ対策で1週間ずれ込み

閣議に臨む菅義偉首相(中央)=2日午前、首相官邸(春名中撮影)
閣議に臨む菅義偉首相(中央)=2日午前、首相官邸(春名中撮影)

 加藤勝信官房長官は2日の記者会見で、菅義偉(すが・よしひで)首相が米ワシントンで現地時間16日にバイデン米大統領と会談すると発表した。日米両政府は当初、9日に首脳会談を行う方向で調整していたが、米側が新型コロナウイルス感染対策に万全を期すため日程変更を申し入れた。

 日本政府関係者によると、首相は15日に政府専用機で羽田空港を出発。現地時間16日に首脳会談を行い、日本時間18日に帰国する。

 首相の訪米は、バイデン氏が大統領に就任して以降、外国首脳との初の対面会談として先月12日に発表。時期については「4月前半」と説明していた。日本政府によると、16日にずれ込んでもバイデン氏にとって初めての対面会談になるという。

 首相は2日、自民党拉致問題対策本部の山谷えり子本部長と官邸で会い、「拉致問題は最重要課題だ。あらゆるチャンスを逃さず首脳会談でも努めていく」と述べた。山谷氏が面会後、記者団に明らかにした。

 加藤氏は会見で、拉致問題以外の会談での議題について日米同盟強化や対中国政策、新型コロナ対策などを挙げた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ