PR

ニュース 政治

「河井後」の再選挙態勢に影…自民広島、深刻な不協和音

■「負けられん」…一体感醸成できず

 今回の再選挙は、今の政府・与党にとっても負けられない戦いとなる。同時に投開票される2つの補欠選挙が、自民にとって厳しい戦いとなっているからだ。

 衆院北海道2区補選は、鶏卵生産大手「アキタフーズ」の贈収賄事件で在宅起訴された元農林水産相、吉川貴盛被告の議員辞職によるもので、自民は不戦敗を決めた。参院長野選挙区補選は、立憲民主党の羽田雄一郎元国土交通相の死去に伴うもので、立民は羽田氏の実弟を擁立し、「弔い合戦」を演出している。

 「今回は全国的に注目されるし、広島を立て直す意味もある。じゃけぇ、絶対に負けられんのよ」

 県連幹部はこう語気を強めるが、党本部と地元で選挙に向けた一体感がなかなか醸成できない現状に、焦りもみえる。(児玉佳子、大島悠亮)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ