PR

ニュース 政治

立民・安住氏「緊急事態宣言を」 蔓延防止措置、効果を疑問視

会談に立憲民主党・安住淳国対委員長=1日午前、国会内(春名中撮影)
会談に立憲民主党・安住淳国対委員長=1日午前、国会内(春名中撮影)

 立憲民主党の安住淳国対委員長は1日、新型コロナウイルスの感染が急拡大している大阪府などへの「蔓延防止等重点措置」適用の効果に疑問を呈し、緊急事態宣言を発令すべきだとの考えを記者団に示した。「感染拡大が予想されるところに重点措置を適用すべきで、すでに感染が顕在化しているところはステージを上げて緊急事態宣言のほうがよい」と述べた。

 その後の党会合でも「大阪の(感染者数)上昇の急カーブは重点措置の域を超え、宣言を伴わなければならない状況だ」と語った。

 立民の泉健太政調会長は記者会見で「重点措置がよいのか緊急事態宣言がよいのか、わかりやすい判断基準が明らかになっていないことが問題。政府の対応策が国民に通じなくなっている」と懸念した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ