PR

ニュース 政治

12歳以上のワクチン接種 官房長官「厚労省の審議会で議論」

会見に臨む加藤勝信官房長官=1日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=1日午前、首相官邸(春名中撮影)

 加藤勝信官房長官は1日の記者会見で、米製薬大手ファイザーが開発した新型コロナウイルスワクチンが12~15歳を対象とした臨床試験(治験)で100%の有効性を確認したと発表したことを受け、同社が12歳以上も接種対象とする手続きを取れば「有効性、安全性が確認されることは当然の前提だが、効果とリスクなどについて厚生労働省の審議会で改めて議論することになる」と述べた。

 現在は接種対象を16歳以上としているが、加藤氏は「現在のワクチン自体が16歳以上が対象になっている。これも大きな要因であった」と指摘。若年層の重症化リスクが低いことや、副反応の恐れなども踏まえて接種対象年齢の引き下げを検討するとの見方を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ