PR

ニュース 政治

「蔓延防止」適用見通しの大阪府、新採職員に辞令

新規採用職員に動画でメッセージを送る大阪府の吉村洋文知事=1日午前、大阪市中央区 (安元雄太撮影)
新規採用職員に動画でメッセージを送る大阪府の吉村洋文知事=1日午前、大阪市中央区 (安元雄太撮影)

 新型コロナウイルスの感染再拡大で「蔓延(まんえん)防止等重点措置」が適用される見通しとなった大阪府で1日午前、令和3年度の新規採用職員約540人に辞令が交付された。感染防止のため昨年に引き続き、新人職員が集まる任命式は取りやめ、計8会場に分かれて事務手続きのみを行った。

 この日、大阪市中央区の会場では行政職など約250人が間隔をあけて着席。吉村洋文知事が、事前収録した動画で「新型コロナが猛威を振るって1年となるが、府民の命を守らなければならない。初心を忘れず、大阪の成長と府民のために力を尽くしてもらいたい」と訓示した。

 そのうえで、大阪市の広域行政を府に一元化する条例が同日施行されたことを念頭に「過去の府市合わせ(不幸せ)の時代に戻らないよう、大阪市の職員とも仲良く、大阪の成長に向けて取り組んでほしい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ