PR

ニュース 政治

加藤官房長官「誠に遺憾、国際法違反だ」 中国海警局船舶の尖閣諸島領海侵入

パトロールする中国海警局の艦船=2020年7月(新華社=共同)
パトロールする中国海警局の艦船=2020年7月(新華社=共同)

 加藤勝信官房長官は29日の記者会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に中国海警局の船2隻が領海侵入し、航行中の日本漁船2隻に接近した動きを非難した。「誠に遺憾であり、断じて容認できるものではない。海警船舶の活動は国際法違反だ」と述べた。海上保安庁の巡視船が現場海域で漁船を保護し、退去要求を繰り返していると説明した。外交ルートを通じて中国側に厳重抗議したことも明らかにした。

 中国海警局の船が尖閣周辺で領海侵入したのは23日以来で今年11日目で、周辺海域で船が確認されるのは45日連続となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ