PR

ニュース 政治

新人の多田氏が現職破る 保守分裂選の群馬・館林市長選

 任期満了に伴う群馬県館林市長選は28日に投票が行われ、午後9時からの開票の結果、無所属新人の元県議、多田善洋氏(61)が、再選を目指した無所属の現職、須藤和臣氏(53)を破り、初当選を果たした。最終獲得票は、多田氏が1万6410票、須藤氏は1万3916票。

 多田氏は「厳しい選挙戦だったが、選挙中に訴えた『対話・協働・行動』のスローガンが受け入れられた。市民と協働のまちづくりを目指したい」と語った。

 ともに元自民党県議で、現職の死去を受けて行われた前回と同じ保守分裂となった選挙戦は、市議会を二分する形で展開、現職には山本一太知事が、多田氏には近隣の板倉町長らが応援に駆けつけるなど、終盤まで熾烈な争いを演じた。両陣営とも選挙戦を振り返り「手応えはあったが、票は読めない」としていた。

 政策面で似通った方向性を持つ中、際立った相違点となったのが、2年前に頓挫した板倉町との合併協議に対する考え方。「合併推進」の多田氏は、合併による「10万人都市構想」を掲げ、邑楽郡5町全体との広域合併も視野に入れたスケールメリットを強調。一方、須藤氏は「コロナ禍の中、時期が悪すぎる」と「合併反対」を主張。迅速なコロナ収束を訴えた。

 有権者は「合併協議再開」を選択したことになり、多田氏も「地域の活性化は邑楽郡5町と館林が一体となって進める。館林はその中心になる」「(板倉町との合併の)協議会再開を改めて市民に訴えていく」と宣言した。

 一方、再選を果たせなかった須藤氏は、支援者を前に「最後まで訴えたが、届かなかった。皆さまの勇気と奉仕に感謝いたします」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ