PR

ニュース 政治

外相、デモ銃撃強く非難 暴力即時停止を要求

茂木敏充外務相=19日午前、首相官邸(春名中撮影)
茂木敏充外務相=19日午前、首相官邸(春名中撮影)

 茂木敏充外相は28日、ミャンマーで27日にクーデターに抗議するデモ参加者らを治安部隊が銃撃するなどして、多数の死者が出たことに関し「強く非難する」との談話を発表した。市民に対する暴力の即時停止やアウン・サン・スー・チー氏らの解放、民主的な政治体制の早期回復を改めて強く求めた。

 茂木氏は、市民への発砲や被拘束者に対する非人道的な扱いなどについて「民主主義の重要性を唱えるミャンマー国軍の公式発表と矛盾する行動」と指摘。平和的に行われるデモ活動への実弾使用は「断じて許されない」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ