PR

ニュース 政治

自民・岸田氏が広島県連会長就任 「ポスト菅」へ再選挙勝利に意欲

自民党広島県連大会であいさつする岸田文雄前政調会長=27日午後、広島市(永原慎吾撮影)
自民党広島県連大会であいさつする岸田文雄前政調会長=27日午後、広島市(永原慎吾撮影)

 自民党の岸田文雄前政調会長が27日、広島市内で開かれた県連大会で会長に就任した。参院選広島選挙区再選挙(4月8日告示、25日投開票)で勝利をつかむため最前線に立つ覚悟を示した形だ。昨秋の総裁選敗退で存在感を失っていたが、菅義偉(すが・よしひで)首相の訪米を前に安全保障の考えを取りまとめた。派閥を超えた経済政策勉強会の立ち上げにも動きだし、「ポスト菅」への布石を打ち始めている。 「目の前に迫った再選挙を乗り越えていかなければならない。広島の政治の信頼を回復するための大変重要な選挙だ」。岸田氏は県連大会が開かれた広島市のホテルで、県選出の国会議員や地方議員らにこう決意を語った。

 公職選挙法違反で有罪が確定した河井案里元参院議員=自民を離党=の辞職に伴う再選挙。自民が不戦敗を決めた衆院北海道2区と野党に勢いがある参院長野選挙区の両補欠選挙と同日程のため、岸田氏が勝利に導けば、最悪の3連敗を防いだ功労者となる。

 ただ、敗れれば失望を招き、次期総裁選の挑戦権を失いかねない。不祥事後の厳しい選挙でもあり、岸田派(宏池会)はベテランから若手に至るまでが続々と広島に入り、企業回りなどに従事。地元県議は「選挙で存在感を示し、今度こそ首相になってもらう」と期待を寄せる。

 岸田氏は県連大会に先立つ後援会会合で「チャンスがあるならば引き続き総裁選に挑戦したい」と改めて意欲を表明した。最近は外相など要職を歴任した経験を生かし、ミサイル防衛強化などを盛り込んだ安全保障に関する見解を取りまとめた。所得格差の是正や中間層への分配など、自身の訴える経済政策の実現に向けた勉強会も立ち上げる。 一方、前回の総裁選敗退で「非主流派」に追いやられた派内の一部では、政策通として知られ、次期衆院選で山口3区へのくら替え出馬が確実視される林芳正元文部科学相への期待が膨らみ始めている。

 岸田氏にとって再選挙は、次期首相候補としての存在感を党内に示すのみならず、派内での求心力を維持するためにも負けられない一戦となる。

(永原慎吾、児玉佳子)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ