PR

ニュース 政治

異例の「衆院廃止論」、維新・片山共同代表が披露

日本維新の会・片山虎之助共同代表
日本維新の会・片山虎之助共同代表

 日本維新の会共同代表の片山虎之助参院議員は26日の記者会見で、衆参両院の国会審議のあり方に関する質問に「二院制(の見直し)の話なら、衆院を廃止せい、と私は言っている。参院のほうが機能している」と持論を披露した。

 過去、一院制導入や参院廃止論が国会で取り沙汰されたことはあるが、首相の指名など憲法上の優越が認められている衆院の廃止論は異例。片山氏は「昔から言っているのだが、みんな笑って、なかなか…」と語った。

 また、「二院制を機能させるなら役割分担(が重要)だ。どっちが偉い、偉くないと言ったらケンカになる」と強調。下院が予算編成、上院が政府高官の承認などに関してそれぞれ権限を持つ米議会を好例に挙げた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ