PR

ニュース 政治

令和3年度予算案、26日成立へ 与野党が採決合意

 与野党は25日、参院で審議中の令和3年度予算案について、26日の参院予算委員会で締めくくり質疑と採決をする日程で合意した。委員会採決後に予算案は同日の参院本会議に緊急上程され、成立する見通し。

 新型コロナウイルス対策なども含めた一般会計総額106兆6097億円の3年度予算案は2日に衆院を通過。参院に送付された予算案が30日以内に議決されないときは憲法の規定で衆院の議決が優先されることから、年度内成立が確実となっていた。

 参院予算委員会の採決日程をめぐり、与党は審議が積み重なったとして26日を提案していたが、野党は総務省の一連の接待問題や、外国資本規制違反が認定された放送事業会社「東北新社」の問題に関し、さらなる資料や参考人を要求して折り合わず、与野党幹部が断続的に協議を重ねた。

 25日夕に開かれた予算委理事懇では、野党が求めていた東北新社の認可の申請書などの資料が提出された。直後の理事会で、野党筆頭理事の森裕子氏(立憲民主党)は「不存在とされていた資料が提出されたことは感謝を申し上げたい」と述べ、予算案審議後も検証委員会が開かれた際に予算委に報告することなどを求めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ