PR

ニュース 政治

北ミサイル発射意図「断定的な答えは差し控える」 加藤長官

会見に臨む加藤勝信官房長官=25日、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=25日、首相官邸(春名中撮影)

 加藤勝信官房長官は25日午前の記者会見で、北朝鮮が同日朝に弾道ミサイル2発を日本海に向けて相次ぎ発射したことに関し「北朝鮮の意図は断定的に答えることは差し控えているが、日米、日米韓3カ国間をはじめ、国際社会と緊密に連携しながら、必要な情報収集、分析、警戒監視に全力を挙げていく」と述べた。

 北朝鮮がミサイルを近日中に再度、発射する可能性については、平素より重大な関心を持って情報収集などを行っているとしながらも、「個々の具体的な情報の内容は、わが国の情報収集能力を明らかにもしかねないことから答えを差し控える」と語った。

 日韓関係はいわゆる徴用工訴訟や日本政府に元慰安婦らへの賠償を命じた韓国地裁判決などで悪化しているが、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)などを通じて適切に情報共有していると説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ