PR

ニュース 政治

立民・泉政調会長「地域の平和に反する行為」 ミサイル発射の北朝鮮非難

 立憲民主党の泉健太政調会長は25日午前の記者会見で、北朝鮮による2発の弾道ミサイル発射について「国連安全保障理事会決議に違反し、地域の安定、平和にも反する行為だ」と非難した。その上で「(日本政府は)米韓など周辺国と情報交換をしていると思う。引き続き監視態勢を十二分に整えておくことが大事だ」と強調した。

 また、菅義偉(すが・よしひで)首相や安倍晋三前首相が金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記との会談に意欲を示していたことから「その努力をより強化していただきたい」と求めた。

 同党の福山哲郎幹事長は参院予算委員会の質疑で、米中外交担当トップの会談、日米外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)開催など最近の動きを列挙。「国際社会がバイデン米大統領のもとで動き出し、(北朝鮮は)『自分も存在しているよ、プレーヤーとしているよ』と示したいのかな、と推察する」と分析した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ