PR

ニュース 政治

菅首相、新型コロナ再拡大に「強い警戒感で対応」 尾身会長は宮城の蔓延防止措置検討を要請

参院予算委員会で答弁する菅義偉首相=25日午前、参院第1委員会室(春名中撮影)
参院予算委員会で答弁する菅義偉首相=25日午前、参院第1委員会室(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相は25日午前の参院予算委員会で、新型コロナウイルスのリバウンド(感染再拡大)が懸念されていることについて「強い警戒感を持って対応したい」と述べた。政府の新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長は、感染が拡大している宮城県への対応に関し、「蔓延(まんえん)防止等重点措置の発令を含め、強力な措置を検討してほしい」と語った。

 また、首相は今国会の政府提出法案などにミスが続出している問題にも言及し、「あってはならないことだ。省庁で徹底して調査をするように指示をした。国会審議にご迷惑をおかけした」と陳謝した。

 与党は令和3年度予算案の26日の参院委員会での採決と参院本会議への緊急上程を野党に提案しており、同日に成立させたい考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ