PR

ニュース 政治

外務報道官が反論 中国の米国に従属発言「的を射ていない」

 外務省の吉田朋之外務報道官は24日の記者会見で、中国外務省の報道官が17日に日米安全保障協議委員会(2プラス2)を受けて「(日本は)米国の戦略に従属している」などと発言したことに反論した。「使った言葉を含め、発言内容は全く受け入れられるものではない。中国側の発言は的を射ていない」と述べた。

 吉田氏は「(2プラス2では)ルールに基づく国際秩序を推進していくことで一致し、同志国と連携していくことも確認している。日米にとどまらない広がりを持ったものだ」と強調。外交ルートを通じて反論したことも明らかにした。

 吉田氏はまた「同じような職分にある者として、自分だったらそういう言い方はしない」とも語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ