PR

ニュース 政治

自民保守系議連で台湾駐日代表が講演「中国の圧力受けながら民主主義推進」

「保守団結の会」の会合に出席した台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表
「保守団結の会」の会合に出席した台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表

 台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表(駐日大使に相当)が24日、国会内で開かれた自民党保守系の有志議員でつくる「保守団結の会」(保守の会)の会合で講演した。

 謝氏は会合の冒頭、「台湾はずっと中国の圧力を受けながら民主主義を推進している。中国はいろいろな嫌がらせをするが、今回の台湾産パイナップルの禁輸措置もその一環だ」と説明。その上で、台湾産パイナップルの消費を後押しする日本国内の動きについては改めて「困ったときの友は真の友。日本の方々から盛大な応援をいただいて本当に台湾の人々も心が強くなる。ありがとうございます」と謝意を示した。

 出席者によると、謝氏は講演で、中国の軍機・軍艦が台湾周辺に頻繁に現れ、圧力を受けている現状について説明したという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ