PR

ニュース 政治

枝野氏、二階氏の他山の石発言は「意味不明」

立憲民主党・枝野幸男代表(春名中撮影)
立憲民主党・枝野幸男代表(春名中撮影)

 立憲民主党の枝野幸男代表は23日の党会合で、自民党の二階俊博幹事長が元法相の衆院議員、河井克行被告について「他山の石に」と述べたことに関し、「日本語を理解されていないのか、ちょっと意味不明の発言であり、まさに自民党のど真ん中で起きた事件だ」と語った。

 立民の福山哲郎幹事長は記者会見で「自民党にとっては他山の石ではなく『自山の石』ではないか」と強調した。

 河井氏は参院選広島選挙区をめぐる買収事件で公職選挙法違反の罪に問われ、23日に議員辞職の意向を示した。これを受け、二階氏は同日の記者会見で「党もこうしたことを他山の石として、しっかり対応していかなくてはならない」と語っていた。

 買収事件については、福山氏が「自民党本部がどういう形で買収に関わったか全く明らかにしていない」と批判し、同党に説明を求めた。国民民主党の玉木雄一郎代表も「この前代未聞の買収劇の原資が自民党から出ていることは明らかだ」と指摘し、「全容を解明し、説明する責任がある」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ