PR

ニュース 政治

「立民政権でこの国を明るく温かく」 原口氏が菅政権批判

 立憲民主党の原口一博国対委員長代行は23日午後の党会合で、「政治とカネ」や武田良太総務相の会食に関する問題、新型コロナウイルス感染症対応などをめぐって菅義偉政権への批判を展開し、「正義を取り戻そう。立憲民主党が政権与党になり、この国を明るく温かいものにしたい」と訴えた。

 参院選広島選挙区をめぐる買収事件で公職選挙法違反の罪に問われ、同日、議員辞職の意向を示した元法相の衆院議員、河井克行被告=自民党を離党=については「何の説明責任も果たさずに議員辞職するのはあり得ない」と断じ、「私たちは『政治とカネ』の問題を徹底的にやりたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ