PR

ニュース 政治

自民・二階氏、衆院公認は「実績主義」 党員獲得数を参考

記者会見する二階俊博幹事長(中央)=23日、東京・永田町の自民党本部(酒巻俊介撮影)
記者会見する二階俊博幹事長(中央)=23日、東京・永田町の自民党本部(酒巻俊介撮影)

 自民党の二階俊博幹事長は23日午前の記者会見で、次期衆院選に向け、党内で公認を争う競合区の調整方法について、「人気、評判、噂だけでなく、実績主義でやっていく」と述べた。党員獲得数を参考にするかと問われ「当然だ」とも述べた。

 自民党は21日の党大会で、昨年の党員獲得数の党所属国会議員上位10人を発表し、トップは二階氏(和歌山3区)だった。

 2位以下は、堀内詔子衆院議員(山梨2区)▽森山裕国対委員長(鹿児島4区)▽鷲尾英一郎外務副大臣(新潟2区)▽茂木敏充外相(栃木5区)▽野田毅元自治相(熊本2区)▽畦元将吾衆院議員(比例中国)▽中曽根康隆衆院議員(比例北関東)▽寺田稔総務副大臣(広島5区)▽青山繁晴参院議員(比例代表)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ