PR

ニュース 政治

千葉知事選大敗で自民県連会長が引責辞任を表明

知事選の結果を受け、県連会長を辞任する意向を表明した渡辺博道衆院議員=23日、自民党本部(小野晋史撮影)
知事選の結果を受け、県連会長を辞任する意向を表明した渡辺博道衆院議員=23日、自民党本部(小野晋史撮影)

 元千葉市長の熊谷俊人氏(43)が当選した21日の千葉県知事選で自民党推薦候補が大敗したことを受け、同党県連の会長を務める渡辺博道衆院議員は23日、県連会長を引責辞任する意向を表明した。また、緊急事態宣言下の深夜に高級ラウンジを訪れて離党した千葉県選出の白須賀貴樹衆院議員に代わる13区支部長は、公募で選ぶことになった。

 千葉県選出国会議員が同日、東京都内の党本部で会合を開催。終了後、記者団の取材に応じた渡辺氏は「知事選の結果は大変厳しいものがあった。残念ながら私たちの思いが県民の皆さまに伝わらなかった。県連会長として力不足だった」と話した。

 候補者擁立の過程で元スポーツ庁長官の鈴木大地氏擁立をめぐる混乱があったことも踏まえ、「擁立の過程から今日に至るまで、すべては私の不徳の致すところだ」と話した。渡辺氏の後任は、歴代の会長経験者らが中心となって決める。

 知事選で当選した熊谷氏が過去最多の140万9496票を獲得したのに対し、党推薦候補の元県議、関政幸氏(41)の得票は38万4723票にとどまり、票差は100万票を超えた。選挙結果について渡辺氏は、「あまりにも票差が大きいので驚いている。自民党をしっかりとまとめきれず、さらに無党派層になかなか浸透できなかった」と振り返った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ