PR

ニュース 政治

開票確定は午前4時27分 「立会人が丁寧で…」東京・小金井市議選

 21日に投開票が行われた東京都小金井市議選(定数24)は、開票結果が確定したのが22日午前4時27分で、市選挙管理委員会が想定した「22日午前0時」の目標から大幅にずれ込んだ。市サイトでの開票速報でも、21日午後10時台に候補者36人中29人に100票が表示された後、22日午前2時台まで票が増えない状態が続き、ネットでは「開票はどうなっているのか」と説明を求める声も上がった。

 市選管によると、作業が長引いた理由は「立会人の皆さんに、市が思っていたより丁寧に見ていただいたため」。開票作業では、各陣営から抽選で選ばれた10人の立会人が、候補者別にまとめられた有効票の束を点検し、押印する。この作業で立会人全体が想定以上の時間を費やしたという。

 市選管は「公表とのバランスが取れていなかった」と反省しており、「今後は他の市議選のやり方も調査したい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ