PR

ニュース 政治

米国首席公使が日華懇に初出席 台湾との連携アピール

台湾産パイナップルをアピールする「日華議員懇談会」の古屋圭司会長と台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表(左)=22日午後、東京都内のホテル(内藤慎二撮影)
台湾産パイナップルをアピールする「日華議員懇談会」の古屋圭司会長と台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表(左)=22日午後、東京都内のホテル(内藤慎二撮影)

 超党派議員連盟「日華議員懇談会」(古屋圭司会長)の総会が22日、東京都内のホテルで開かれた。在日米国大使館のヒル首席公使と台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表(駐日大使に相当)が招かれ、日米と台湾の連携強化をアピールした。在日米国大使館要人の日華懇への出席は初めてという。

 総会では、日米台の戦略対話の開催を主導するなどとした来年度基本方針を決議した。ヒル氏は「民主主義と安全保障のコミットを積極的に行っていきたい」とあいさつし、日米台の議員交流の推進や、台湾の世界保健機関(WHO)参加を支持した。

 古屋氏は記者会見で「これから日米台の戦略対話が極めて重要になる。今年は必ずキックオフしたい」と語った。謝氏は、中国政府が輸入停止を発表した台湾産パイナップルの消費を後押しする日本国内の動きについて「困ったときの友は真の友」と謝意を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ