PR

ニュース 政治

「安心とにぎわいある日常取り戻す」 自民党大会 菅総裁の演説詳報

 「また来月の前半には米国ワシントンを訪問します。バイデン大統領が直接会談する最初の外国首脳として迎えていただきます。これはバイデン政権がわが国の関係を極めて重視をしている証しだと思います。この機会を生かし、新型コロナ問題、気候変動問題、中国をめぐる諸課題、そして、わたくしども政権、最優先課題であります北朝鮮による拉致問題などについて、日米間の政策のすり合わせを行い、連携と協力を確認したいと考えております。今後とも米国のみならず、日米豪印4カ国の枠組み、ASEAN(東南アジア諸国連合)、欧州諸国といった志を共にする国々ともしっかり協力をして戦略的な外交を進めてまいります。また同時に中国、ロシア、韓国などの近隣国との安定的な関係も築いてまいります」

 「本日、防衛大学校の卒業式に出席をし、若い自衛官から、『事に臨んでは危険を顧みず身をもって責務の完遂に努め、もって国民の負託に応える』との宣誓を受け、大変、身の引き締まる思いでした。わが国の広大な海と空、美しい国土を守り抜く、自衛隊の諸官に改めて敬意を表する次第でございます」

 「憲法改正はわが党の党是であります。その手続きを定める国民投票法改正案については、与野党で今国会において何らかの結論を得ることで合意をしています。まずは、第一歩として、改正案の成立を目指していきたいと思います」

 「東日本大震災から10年の節目を迎えました。先日の被災地を訪問し、熱い思いで復興を進めている姿に改めて胸を打たれました。福島の復興なくして東北の復興なし、東北の復興なくして、日本の再生なし。その思いでこれからも党一丸となって取り組んでまいります。この25日には、聖火リレーが福島からスタートします。夏には東京オリンピック・パラリンピック大会です。感染対策を万全にし、アスリートが運動する姿を通じて日本から世界に勇気と希望をお届けしたいと思います。震災から復興する姿を示し、人類が新型コロナに打ち勝った証しとなる大会にしてまいりたいと思います」

 「今年は選挙の年です。来月の参議院選挙では長野の小松裕さん、広島の西田英範さんを公認をしております。お二人の勝利に向けて皆さんのご支援をよろしくお願いを申し上げます。また、7月には東京の都議会議員の選挙があります。そして、どんなに遅くとも秋までには総選挙があります。新型コロナという国難を乗り越えて、先人たちが築き上げてきた古き良き日本の伝統を守る、そして、多様性と創造性を大切にしながら、この日本を次の世代に引き継いでいくことができるのは、皆さん、わたしたち自由民主党じゃないでしょうか。私はその先頭に立って戦い抜く決意であります。皆さんのご協力を心からお願いをして私のあいさつとします。どうぞよろしくお願い申し上げます」

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ