PR

ニュース 政治

二階氏「軽々しく言うべきでない」下村氏の解散時期言及に苦言

自民党・二階俊博幹事長=15日午後、国会内(春名中撮影)
自民党・二階俊博幹事長=15日午後、国会内(春名中撮影)

 自民党の二階俊博幹事長は21日、下村博文政調会長が菅義偉(すが・よしひで)首相が4月の訪米後に衆院解散・総選挙を断行する可能性に言及したことついて「どれだけ仲間の選挙のために自分が汗をかいたのか。解散なんて軽々しく言うべきものではない」と不快感を示した。

 二階氏はまた、党内に早期解散論があることに関し「党としてはいつ解散があってもいい。極端に言えば、明日解散があってもいいというだけの準備は整えている」と強調した。

 都内で行われた党大会後、記者団の質問に答えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ