PR

ニュース 政治

首相「LINE利用状況改めて確認」

参院予算委員会で答弁に臨む菅義偉首相=19日午前、参院第1委員会室(春名中撮影)
参院予算委員会で答弁に臨む菅義偉首相=19日午前、参院第1委員会室(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相は19日の参院予算委員会で、LINE(ライン)の利用者の個人情報が中国の関連会社の技術者から閲覧可能な状態になっていた問題について「政府ではLINEを含めたインターネット提供サービスを利用する際は機密情報を取り扱わないことになっている。各省庁は適切に対応しているとの認識だが、現在LINEの利用状況を改めて確認している」と明らかにした。

 自民党の山田宏氏の質問に答えた。首相は調査を踏まえ、「セキュリティーの確保にはしっかり努めていきたい」と強調した。

 加藤勝信官房長官も同日の記者会見で、内閣官房でのLINEの利用を一時停止する方針を示した。加藤氏は「個人情報などの管理上の懸念が払拭されるまでは利用を停止する対応を予定している」などと語った。

 岸信夫防衛相は、防衛省が現段階で把握している限り、職員の採用募集やイベント開催の告知といった情報発信以外には利用していないとした。同時に「防衛省・自衛隊では、私用のパソコンやスマートフォンで業務上の不開示情報を取り扱うことを禁止している」と説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ