PR

ニュース 政治

官房長官、LGBT所管の府省庁不在との認識

 記者会見する加藤官房長官=19日午前、首相官邸
 記者会見する加藤官房長官=19日午前、首相官邸

 加藤勝信官房長官は19日の記者会見で、LGBT(性的少数者)が抱える課題解決を所管する閣僚や府省庁は事実上ないとの見解を示した。「課題は極めて多岐にわたり、いずれかの府省庁で全ての課題に対し網羅的に対応することは困難であり、関係府省庁が横断的な連携で対応していくことが重要だ」と述べた。

 加藤氏は、LGBTについて、公共施設や医療、就業、学校、社会福祉などのさまざまな場面で課題が生じているとした上で「多様性の尊重、共生社会の実現の観点から、それぞれの課題に関係各府省庁が責任を持って対応し、協力・連携して進めていくことが重要だ」と強調した。

 一方、丸川珠代男女共同参画担当相は19日の記者会見で、自身がLGBTの課題解決を所管しているのかを問われ、所管外との認識を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ