PR

ニュース 政治

自民・森山国対委員長、衆院解散「菅首相は国民に信を問うことがあれば躊躇なくやる」

自民党・森山裕国対委員長(春名中撮影)
自民党・森山裕国対委員長(春名中撮影)

 自民党の森山裕国対委員長は18日、TBSのCS番組収録で、菅義偉(すが・よしひで)首相が衆院解散・総選挙に踏み切る時期について「首相の性格からして、国民に信を問わなければならないことが起きれば躊躇(ちゅうちょ)なくやるだろう。支持率が高いとか、低いとかはあまり影響しない」と述べた。

 首相肝煎りのデジタル改革関連法案成立後の「4月解散」の可能性を問われると、「全て否定できない。いろんなことがある」と述べるにとどめた。また、公明党が反発するとされる7月4日投開票の東京都議選に衆院選の日程を合わせる同日選については「公明は、首相が決断をすれば理解してもらえるのでは」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ