PR

ニュース 政治

中国海警法への懸念明記へ 日米2プラス2開催 

 会談に臨む岸防衛相(右)とオースティン米国防長官=16日午後、防衛省(代表撮影)
 会談に臨む岸防衛相(右)とオースティン米国防長官=16日午後、防衛省(代表撮影)

 日米両政府は16日、外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)を東京都内で開いた。中国の軍事的脅威の高まりに対し、両国が緊密に連携することや日米同盟のさらなる強化に向けた取り組みなどを確認。共同発表する文書では、中国海警局の武器使用権限を明確化した海警法に対する懸念も明記する方向で調整している。

 2プラス2には、日本側から茂木敏充外相と岸信夫防衛相、米側はブリンケン国務長官とオースティン国防長官が参加した。

 バイデン米政権の発足以降、外務・防衛担当の閣僚がそろって外国を訪問するのは初めて。茂木氏は会合で「バイデン政権の日米同盟、地域全体への揺るぎないコミットメントの証だ」と歓迎した。

 岸氏は「安全保障環境が厳しさを増しているなか、日米同盟をさらに強固にしていかなければいけない」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ