PR

ニュース 政治

余ったワクチン隣町へ 河野担当相が見解 高齢者向けを医師らに接種も可能に

参院予算委員会で答弁する河野太郎行政改革担当相、ワクチン接種担当相=15日午後、参院第1委員会室(春名中撮影)
参院予算委員会で答弁する河野太郎行政改革担当相、ワクチン接種担当相=15日午後、参院第1委員会室(春名中撮影)

 河野太郎ワクチン担当相は15日、新型コロナウイルスワクチンの接種に関し、医療機関で医療従事者向けのワクチンが余っていた場合、不足している近隣の別の医療機関に巡回接種することを認める考えを示した。東京都内で記者団に「基本的に自治体の柔軟な対応をお願いしたい」と述べた。

 河野氏は「トレーサビリティ(追跡可能性)や管理責任の観点から、出し手の病院には管理を、受け手の病院は副反応対応をお願いするが、柔軟にやってほしい」と説明。巡回接種に関するガイドライン(指針)をまとめる方針も表明した。

 また、高齢者の接種会場にいる医師や看護師らが接種していない場合、高齢者向けワクチンを医療従事者に打つことも認める。当初は医療従事者の接種を終えた後に高齢者接種を行う考えだったが、医療従事者の接種が終えていない段階で高齢者接種を開始することに伴う措置。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ