PR

ニュース 政治

孤独・孤立対策でタスクフォース設置 

孤独孤立対策に関する連絡調整会議で発言する加藤勝信官房長官(右側手前から3人目)=12日午後、首相官邸(春名中撮影)
孤独孤立対策に関する連絡調整会議で発言する加藤勝信官房長官(右側手前から3人目)=12日午後、首相官邸(春名中撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 坂本哲志1億総活躍担当相は12日、新型コロナウイルス禍で深刻化する孤独や孤立の問題の対策を検討するため、官民が連携した3つのタスクフォースを設置すると表明した。内閣官房の孤独孤立対策担当室が担当する。同日に首相官邸で行われた孤独孤立対策に関わる連絡調整会議の初会合で明らかにした。

 タスクフォースは、孤独孤立問題にかかわる会員制交流サイト(SNS)の活用▽実態把握▽民間非営利団体(NPO)などの団体の連携支援-の3つ。連絡調整会議には加藤勝信官房長官のほか、関係省庁の副大臣らが参加した。

 坂本氏は連絡調整会議で「現代の社会問題とも言うべき孤独孤立の問題に立ち向かい、必要とする人たちに支援をより一層、的確に届けていく」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ