PR

ニュース 政治

菅首相、4月前半に訪米 バイデン大統領は外国首脳と初会談

(左から)菅義偉首相、バイデン米大統領(ゲッティ=共同)
(左から)菅義偉首相、バイデン米大統領(ゲッティ=共同)
その他の写真を見る(1/2枚)

 政府は12日、菅義偉(すが・よしひで)首相が4月前半に訪米し、バイデン米大統領と初めて対面で会談すると発表した。バイデン氏の就任以降、対面で会談する外国首脳は首相が初めて。首相は12日の政府与党連絡会議で「この機会を生かし、日米同盟のさらなる強化につなげていく」と述べた。

 首相はまた、「新型コロナウイルス、地球温暖化、中国をめぐる諸課題、北朝鮮による拉致問題などさまざまな課題について、日米間の連携と協力を確認したい」とも語った。中国に関しては、海警局の武器使用権限を明確化した海警法を含む東・南シナ海における中国の現状変更の試みのほか、香港、新疆(しんきょう)ウイグル自治区の人権状況なども議題となる見通し。

 加藤勝信官房長官は12日の記者会見で「国際情勢が刻々と変化する中、日米首脳が対面で意見交換することは極めて意義がある」と強調。新型コロナ対策の観点から首相の随行員は最小限に絞って80~90人とし、事前にワクチンを接種した上で訪米すると説明した。

 両首脳はバイデン氏の米大統領選勝利後の昨年11月と就任後の今年1月に電話会談を行っている。1月の会談では首相の早期訪米を目指す方針で一致していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ